Soseki Natsume "I Am A Cat" / Debs (o?o)♪

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351320415/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:46:55.90 ID:fre0FgW50
個人的には三四郎を推したい

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:47:35.66 ID:uNarJsKH0
我輩は猫であ~る

4: 密閉 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:15) ◆wnYDbv4Ggw3Y 2012/10/27(土) 15:48:02.29 ID:BihlvlCU0
芥川の才能をいち早く見出した点

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:49:50.93 ID:fre0FgW50
>>4
芥川は漱石の作品じゃないけど弟子の中では一番好き

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:54:02.75 ID:D40cNhgh0
>>4
ぶっちゃけ芥川>>>漱石だと思ってる

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:48:08.08 ID:T5klXfR90
こころ

23: 忍法帖【Lv=6,xxxP】(-1+0:15) 2012/10/27(土) 15:53:49.11 ID:3fNcVABA0
>>5
教科書に堂々と載ってるホモノベル

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:48:18.03 ID:rIMrRoCL0
こころしか読んだことないくせに開くなよwwwwww

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:50:39.32 ID:dcwiLmWd0
夢十夜の第一夜も好きだなぁ

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:51:00.12 ID:lAwWOMjt0
鳥の世話めんどくさくなって奥さんに押し付けてたら
鳥が死んで奥さん責める奴

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:51:51.38 ID:fre0FgW50
>>15
文鳥かあれもいいね

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:53:05.05 ID:hNvgQ4j70
情弱→こころ、猫

情強→現代日本の開化

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:55:04.92 ID:50Kd5lATO
猫は虚淵に匹敵するバッドエンド

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:56:23.37 ID:hNvgQ4j70
>>27
ぶっちゃけあれ虚淵並に内容ないよな

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:00:02.26 ID:KZ0yzIx20
>>31
あれは会話の面白さとかそういう風味の方が強いから、俺もあまり好きじゃないし、
今の学生が読んでも微妙だろうし、大衆受けしなさそうな気がする

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:56:30.58 ID:KZ0yzIx20
野分

オチは賛否両論あるけど、ラスト2ページの爽快な流れが好き

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:57:14.34 ID:9+u1Fgq40
虞美人草を推す

個人的には門、行人
演説は私の個人主義

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 15:59:50.20 ID:fre0FgW50
>>34
漢詩の才能が活かされてるから俺も虞美人草好きだ

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:01:14.88 ID:OxSkU2vk0
漱石のすごいところは作品自体というより現代語の基礎作ったところ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:02:05.66 ID:fre0FgW50
>>41
確かに偉大な功績だ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:04:22.71 ID:Xro6p4GU0
それから あの死にたくなる感じヤバい。

猫は元々新聞連載ですしおすし。
軽く読める今で言うラノベみたいなもんだー

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:05:52.93 ID:fre0FgW50
>>45
坊っちゃん我猫道草とかはライトノベルっぽいよね

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:05:20.32 ID:pWAHdA3s0
どう考えてもこころか行人
しかし俺の中で思い出補正が激しいのが坊ちゃん

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:10:00.67 ID:fre0FgW50
>>46
坊っちゃんはライトノベルとして傑作

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:11:11.76 ID:pWAHdA3s0
>>59
簡単でいいよね。俺も中学受験の暇つぶしに読んでたし

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:13:14.25 ID:fre0FgW50
>>63
それなりの日本語で書かれてるし漫画読むより楽しいしいいよね

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:20:06.50 ID:pWAHdA3s0
>>66
軽妙小説って軽んじられるけど、あそこまで読ませるのは純粋にすごいと思う。あの時代の人の文章力の高さは異常だわ。太宰治とか

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:05:52.39 ID:9+u1Fgq40
明暗の完成は見たかった。夏目漱石には珍しく女性、男性両側の心情を書いた作品だった

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:07:12.17 ID:fre0FgW50
>>48
俺も明暗が未完成で亡くなったことが残念過ぎると思う

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:07:07.31 ID:KZ0yzIx20
ヤフートップに中高生一番人気は山田悠介だってね
ちなみに芥川、夏目ら「文豪」は全体の3%以下

俺は泣いた

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:09:07.34 ID:fre0FgW50
>>52
俺も落胆した
通ってた高校が一応県一位だったけどみんなアニメとゲームの話ばっかりで趣味が合う人少なかった覚えがある

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:09:50.50 ID:c4ZC7R/K0
1 それから
2 明暗
3 三四郎

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:09:55.38 ID:pWAHdA3s0
山田悠介みたいな文盲の作品をよく読めるな
今の中高生はすげえ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:10:38.11 ID:fre0FgW50
>>58
読んだけど日本語の間違いが気になって疲れた

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:10:53.19 ID:hNvgQ4j70
>>58
禁書が大人気のVIPで何いってる

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:13:18.41 ID:KZ0yzIx20
>>58
国語の教科書しか呼んだことのない層には、刺激的で革新的なんだと思う
まあ中高生くらいならまだ許せるが、成人して持ち上げてるようならやばい

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:18:13.38 ID:UpJqfFdSO
間違いなく猫
これほど笑える小説は滅多にないと思う
登場する人物のキャラも立ちまくっている

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:20:14.06 ID:Xro6p4GU0
春樹とかなんでノーベル賞の話出たんだよ。
イグノーベル賞レベル

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:21:25.46 ID:fre0FgW50
>>74
三島由紀夫でさえ取れそうで取れなかったんだから村上春樹を候補とか言うこと自体失礼

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:22:22.61 ID:xAhYhx/30
三島はどうでもいいけど、安部公房には取ってほしかった

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:23:32.77 ID:fre0FgW50
>>79
安部公房はあともうちょっと生きてたら取ってたらしい

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:26:09.29 ID:xAhYhx/30
公房が最初に評価されたのは壁らしいけど、
最初に評価した人はよくあれが理解できたなって思う

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:26:31.12 ID:pWAHdA3s0
村上春樹も色々言われてるけど、名作の条件というのは様々だからな
ただ近代日本文学好きな人には特に嫌われてる印象がある。日本の小説の文脈ではなかなか読み解けない作家なんだろう

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:28:48.19 ID:xAhYhx/30
>>87
>>日本の小説の文脈ではなかなか読み解けない作家なんだろう

自分が読み解けてるかどうかは分からないけど、
たとえ読み解けたとしても嫌いだと思うなw

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:36:24.46 ID:pWAHdA3s0
>>94
例えば海外の小説ではメタファーの理解や文化についての背景的知識において日本とは別種のものが必要とされるが、春樹の小説もそれに近いものがあって、だから海外での評価が高いのかな~と俺は勝手に考えてたりするww
理系の俺は小説の読解とか研究の類に対して素人だから壮大な勘違いかもしれん

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:45:30.49 ID:WE6hx6Nu0
明治大正の作家の文章は本当に美しい
知性や教養とはこういうもんだと本当に思わされる

こういう美しい文章の系譜は三島を最後に終わった

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:48:27.67 ID:xAhYhx/30
>>109
石原が芥川賞取ったあたりで「ああ、終わったな・・・」って感じだよな

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:53:26.68 ID:fre0FgW50
>>112
芥川賞はなあ……冥土めぐりとかイライラしただけだった

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:01:18.80 ID:94BUFY5R0
>>112
なんでや!大江面白いやろ

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 16:55:17.60 ID:t4UH9gJ30
漱石の我が輩は何回読んでもおもしろいから困る

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:08:19.58 ID:vNveOpWXP
坊ちゃんはどう読んでも松山をバカにしてるんだが
松山人はどうしてこれを持ち上げてるんだ?
作品を読んでないのか

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:10:05.72 ID:fre0FgW50
>>134
漱石も芥川も田舎を嫌ってるっぽいんだよな
今の田舎とは事情が違うんだろうけど

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:11:27.95 ID:KZ0yzIx20
>>134
ぶっちゃけ都会も田舎も嫌ってるけどね

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:11:58.96 ID:fre0FgW50
>>140
そうか厭世的なだけか!

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:15:36.28 ID:KZ0yzIx20
>>142
都会は岩崎とか金持ちが幅利かせてるし、
田舎は田舎で変な集団意識あってねちっこい
イギリス行っても外国は外国で肌に合わない

何か言いたいかというと「野分」読んで来て

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:08:47.38 ID:fre0FgW50
新潮文庫!新潮文庫!新潮文庫!新潮文庫うわぁぁああああぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!新潮文庫新潮文庫新潮文庫うぁああぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!新潮文庫の純白の紙をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!パラパラしたいお!パラパラ!パラパラ!表紙パラパラ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
硝子戸の中の漱石先生素晴らしかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
1Q84を出版できて良かったね新潮文庫!あぁあああああ!かわいい!新潮文庫!かわいい!あっああぁああ!
文豪作品もたくさん出版されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!文学作品なんて現実じゃない!!!!あ…暗夜行路も三四郎もよく考えたら…
 文 学 作 品 は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!ラフカディオはぁああああああん!!中央文壇んんんんん!!
この!ちきしょー!やめてやる!!読書なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙のぶどうマークが僕を見てる?
新潮文庫が僕を見てるぞ!紀伊國屋書店の新潮文庫が僕を見てるぞ!笑顔の新潮文庫が僕を見てるぞ!!
愛読書の新潮文庫が僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には新潮文庫がいる!!やったよYonda?君!!ひとりで読めるもん!!!
あ、本棚の新潮文庫さああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあ芥川先生ぃ!!!!夏目先生ぃいいいいいい!!!梶井先生ぃいいいい!!三島ぁあああ!
ううっうぅうう!!俺の想いよ新潮文庫へ届け!!新潮社の新潮文庫へ届け!

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:14:56.79 ID:WE6hx6Nu0
漱石がビクトリア女王を見た話が好き

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:20:11.62 ID:rhpG3y5uO
それから
草枕
草枕は「あらゆる春の色、春の風、春の物、春の声を打って、固めて、仙丹に練り上げて…」っていうのが良すぎて震えた

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:21:33.53 ID:fre0FgW50
>>156
漱石の文は綺麗だよね

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:23:52.72 ID:WE6hx6Nu0
まあ薄味だよな
懐石料理みたいなもんだろうな

石原くらいになると肉料理

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:37:17.44 ID:ox8ic3W60
『吾輩は猫である』
は主人公が見栄を張ってラテン語の原書を読むくだりで
腹がよじれた思い出がある

そんな本には後にも先にもであったことがない

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:40:09.00 ID:KZ0yzIx20
中古屋に漱石、弟子や知人の紹介を兼ねた四コマ漫画があってビックリした

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:40:37.19 ID:fre0FgW50
>>181
タイトル覚えてる?

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 17:45:09.19 ID:KZ0yzIx20
>>181
「僕と先生」だか「先生と僕」だかそんな感じ、確か3巻まではあった
ワイドコミックスだから値は張るし、少し女性向けくさかったけど

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/27(土) 18:01:37.19 ID:fre0FgW50
昨日の芥川スレの倍近く伸びてる
流石漱石先生



吾輩は猫である (新潮文庫)
夏目 漱石
新潮社
売り上げランキング: 5,946
坊ちゃん (英文版) ―Botchan (タトルクラシックス )
【文学朗読/オーディオブックDVD】夏目漱石 -1(こころ、琴のそら音、初秋の一日、子規の画、坊っちゃん、硝子戸の中、趣味の遺伝、吾輩は猫である、自転車日記、ケーベル先生)
それから [DVD]
舞台プログラム ロマンス-漱石の戀-(1995) 作:福田善之 演出:島田安行 出演:加藤剛、中野今日子、小笠原良知、阿部百合子 ほか
お手入れいらずのリサイクルレザー文庫版ブックカバー②(~500ページまで対応/キャメル)
文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし