龍飛(太宰治の碑) / Rintaroh

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1330197530/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:15:26.97 ID:C2md9XKGO
(´・ω・)おちえて

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:16:01.25 ID:jnbKXPin0
星が答えを知ってるよ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:16:40.53 ID:1RCctun20
二人とも自殺しそうな顔じゃん

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:16:41.52 ID:tvS9d51s0
太宰はどうせ狂言自殺の失敗だ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:17:26.82 ID:gWUfIiLEi
>>4
狂言自殺って何なのさ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:18:54.28 ID:tvS9d51s0
>>7
構って欲しいから死なない程度に自殺する

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:16:48.66 ID:cYr5uYXF0
歯車でも読め

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:17:23.68 ID:b9I+1TzE0
芥川はもう病気の激痛で耐えられなくなったんだっけ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:17:43.10 ID:XRr2fnCF0
太宰治はただのかまってちゃんだ。

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:17:52.52 ID:kMmRL/oi0
川端康成もそうだっけ?

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:19:14.99 ID:bcSbH/fxQ
>>10
川端は三島の自決の影響が強い

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:20:27.13 ID:LmBV3q2N0
>>15
ノーベル賞の重圧だと思ってた

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:18:20.60 ID:2LNWboZA0
ちょっと昔のパンクロッカーみたいなもんだったわけだし

13: 小早川秀秋 ◆864fRH2jyw 2011/02/05(土) 00:18:41.01 ID:t7BDyB9h0
ネタが無くなったからじゃないかな、それか人生を楽しめなくなったんだろうね。

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:19:39.14 ID:NFG8Bq2mO
昔の自分の作品読み返して恥ずかしくなっちゃったんだろ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:19:47.45 ID:qjPNkvHK0
自分の作品への裏切り行為だよね

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:19:59.93 ID:DZGM0+Bi0
自殺するような文豪だから名作を残すんじゃないの

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:20:38.45 ID:E6IJdElP0
芥川や太宰って文豪なの?
日本の文豪って、漱石、鴎外、谷崎、三島の4人のことを言うんだと思ってた。

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:21:38.87 ID:r1UMshrm0
太宰は偶然本が売れたキチガイみたいなもんだろ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:22:04.91 ID:MU6GAjPc0
むしろ自殺しそうな性格が文学的に向いてるとか?

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:30:22.71 ID:Uvc56Mpb0
>>25
あの当時は、人生を降りてるような奴が作家に向いてたんだろうな
幸せになるための努力としてはトンチンカンすぎる

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:22:51.55 ID:XVcPc1FP0
天才は考えすぎるもの

太宰治は心中で一人女性を殺している
太宰のみ生き残ったが結局自殺

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:23:08.81 ID:djAju2VJ0
クスリやるやつはカッコいい
一回会っただけの女と寝るのはカッコいい
常に宿酔であるのはカッコいい
他の同業者と喧嘩するのはカッコいい
働かないで親や女に喰わせてもらうのはカッコいい
自殺するやつはカッコいい

↑ハァーア、デカダンデカダン

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:24:30.12 ID:u27q28F10
○○や△△みたいな文豪はなんで自殺しないの? という疑問は浮かばないのだろうか

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:25:07.06 ID:tvS9d51s0
>>32
だって村上春樹とか死にそうにないもん

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:27:32.75 ID:gDhqzwm/0
>>33
あいつすげえ人生を楽しんでそうだよな

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:35:48.33 ID:pEEDsEdL0
>>44
訳わからん話を二つくってくっつけて、適当におまんこおちんこさせてるだけで印税がっぽがっぽだもんな
でも童貞っぽいよな

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:25:20.28 ID:oBNiJjIcO
ぼんやりとした不安なら
自分だって感じてる

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:25:20.67 ID:hHXU4Hcu0
芥川って薬物だっけ?

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:26:12.18 ID:SWkoUVrLO
>>35
歯車にやられた

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:25:29.10 ID:gDhqzwm/0
太宰は自分に酔ってたんじゃないか
芥川はよくしらんけど

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:26:23.78 ID:N359TyiF0
なんでかって?

人ってなんか追求したり、完璧なものを目指したりするエネルギーって、
要はあれ、死に憧れてるからだよ
人は死んで完成するってことを皆、うすうす知ってる

で、作家ってのは特に自らの技術や思想の完成を目指して、
人一倍、完成を意識して生きてるから、ついつい憧れが強すぎて、
自ら死ぬわけだ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:26:42.39 ID:LRekgrOQ0
作家にしろ音楽家にしろ芸術家にしろキチでないと並みの作品は出来ないんだろ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:27:29.31 ID:q/ENDURD0
小説家と一般人の自殺率に大きな違いはないらしいけどね

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:28:08.83 ID:GYF/xxaDO
芥川はドッペルゲンガーが見えるとかで発狂して服毒だっけ
妄想し続け綴り続けてりゃ、そりゃ気も狂うわ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:28:29.93 ID:QOPTtRxd0
川端だってノーベル賞後ろくな作品も書けなかったっていうし
なんだかんだ絶望して死んだんじゃねーのかっていう

三島の自決だけ浮き杉だろ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:33:49.64 ID:bcSbH/fxQ
>>48
三島も自決直前の頃はあんまり売れなくなってたし、日本を憂う寄稿をしても話題にもならなかったしね
とにかく戦後日本に対して大いなる問題提起をしたよな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:29:36.03 ID:SWkoUVrLO
三島は頭おかしいレベル

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:33:01.96 ID:Uvc56Mpb0
三島の自殺は、意味のわからない、からっぽの記号を提示することで、そこに議論をまき起こしたかったんだ
と分析してた人がいた。つまり、身をもってナポリタン

53: 視姦者トーマス ◆WATCH/C6Qc 2011/02/05(土) 00:33:11.91 ID:OGYSx4310 BE:670404825-2BP(2)
若い頃は厨二病炸裂させるだけで食って行けたが
歳と共に思想と実際の人生が一致しなくなって頭おかしくなって死んだ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:38:59.81 ID:IOe6KYw60
マジレスすると流行っててそれがかっこいいと思ってた
太宰は本気じゃなかったけど女だけ殺して小説のネタにしようとして失敗した

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:39:05.22 ID:t9o/LLSH0
ロッカーの自殺と同じ類だろ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:40:04.90 ID:q/ENDURD0
太宰は自殺したせいで妙な評価のされ方してるよね
人間失格とか面白いけど、彼の作品の中ではかなり異色な作品。でも代表作扱い。

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:41:08.56 ID:ovIr19CCO
自殺してない文豪もいくらでもいるが

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:41:33.51 ID:gWUfIiLEi
三島の死こそナルシズムの完成

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:44:22.22 ID:XNJAHBi+0
書きたいことが書き終わったからじゃね?

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:44:57.00 ID:IOe6KYw60
三島の死に方は世界で一番恥ずかしい死に方

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:50:20.65 ID:hHXU4Hcu0
太宰治の女生徒はすごいよね
要約すればただの女子高生のブログだぜ?

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:54:07.97 ID:tvS9d51s0
>>79
パンドラの匣はラノベだし、東京八景は日記でやれだしな
そういうのが流行った時代だったのか

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:56:44.76 ID:8deel0TP0
>>82
昔も今もたいして変わらないってことだろ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:52:02.41 ID:XNJAHBi+0
自殺する性格の人間が、小説家のような自己を突き詰める職に就くんじゃないのかね。
んで、名が残っているから自殺も残ると。

名が残らない人間の自殺は残らないし。

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 00:55:47.41 ID:iFvYXSIO0
太宰レベルの本を書けるほど澄んだ頭をもってりゃ誰でも自殺するだろう

87: 2011/02/05(土) 00:58:10.88 ID:lMItL70x0
太宰は抑うつ病だろうな
罪悪感と社会嫌悪の葛藤

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:02:50.01 ID:+knRvKid0
芥川も太宰もみんな厨二っぽいよね

96: キュア法師 ◆XJHAoK0R22 2011/02/05(土) 01:12:16.39 ID:jpV3N6tTO
>>91
文章表現を追及し、それがたまたま天才的な才覚で成功しちゃった結果、厨弐が本来理想としてるもの、つまり醒めた感じの論理化を実現しちゃってんだよ。
そりゃ生きてられないだろ


学者によれば日本人で一番キリスト教を理解してるのは遠藤周作で、二番目が太宰なんだそうだ。
俺も、そう思う

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:08:03.41 ID:ERrsBFWsi
自殺したからじゃなくて
文豪としての生涯の果てにあるものだから
議論されるんだと思うけどな。
宮澤賢治も妹の死に際を詩にしたから
その死が永遠のモノになった。

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:16:21.63 ID:Z4jnhiJ30
理解は別として、確かに太宰はキリスト教文化圏の価値観に近い感性・思想を持ってたと思う
(当時の)日本社会で生きるのはさぞ辛かったろうなと作品読むと感じるわ

105: キュア法師 ◆XJHAoK0R22 2011/02/05(土) 01:22:40.20 ID:jpV3N6tTO
>>99
『駈込訴え』で心が震えた時、やっとキリスト教が広がった理由がわかった。


それにしてもあれだけ繊細かつ尖鋭的な感性を抱えたままリア充の権化みたいな生き方してたんだから、ホント尊敬するわ

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:27:29.92 ID:Z4jnhiJ30
>>105
地方の金持ち名家で頭は天才的にキレる
これでリア充にならん理由もないけどね
ただ、表面的にはリア充に見えるとしても、内面はもう地獄だったろうな

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:20:30.08 ID:6lIDNDaAO
絶頂期に死ねば芸術家は永遠になる

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:21:22.00 ID:yCMZ3LBiO
今まで周りの頭いい人が2人自死した…

本当なんでかわからん

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:23:12.38 ID:XNJAHBi+0
頭の良い人の悩みってのは死ぬことでしか解決できないのかもね

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:30:05.28 ID:nj3RbM+j0
生きることを悲観してしまったんだと思う
死や生の中の巨大すぎる営みの中で人なんてちっぽけな存在に感じたんじゃないだろうか
斜陽とか読むとそう感じる

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:31:40.83 ID:q/ENDURD0
でも太宰は家族とは仲悪かったよね

121: キュア法師 ◆XJHAoK0R22 2011/02/05(土) 01:37:43.63 ID:jpV3N6tTO
>>113
そうでもない。
亭主関白にもなりきれない剽軽な旦那っぽいところもあったんだとか

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:39:04.55 ID:q/ENDURD0
>>121
家族って実家のほうな

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:31:49.07 ID:DFPcL5wU0
太宰って息子さんがダウン症だったらしい
wiki

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:38:11.75 ID:VNIx3Eoi0
三島の残した

このままでは日本はなくなって
その代わりに無機質的なからっぽなニュートラルな中間色の
富裕な抜け目がない或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう

って言葉がすごく印象に残っている

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:46:58.45 ID:6N2QYc7U0
>>123
それってまんま今の日本じゃね?

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:39:22.58 ID:Z4jnhiJ30
太宰に関しては、その高すぎる感受性が日本に合わないような気が個人的にはするんだがな
太宰の具体的な周りの人は置いておいて、形而上的な、背景としての日本社会が
彼のような存在を容認できる土壌があったか(あるか)と考えると、甚だしく疑問だ

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:41:10.09 ID:abPcMY4UO
太宰って芥川賞捕れなくてキレたんだっけ?

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:43:43.57 ID:hHXU4Hcu0
>>126
康成たんに嫌われてたからね

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:46:18.83 ID:d4yfDNvaO
>>126
太宰の心中未遂後だったから
審査員の川端が作品は良いけど作家自身の生活が駄目って評して
それで太宰が作品と生活は関係ないだろってキレた

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:48:24.15 ID:nj3RbM+j0
>>126
「この作家はまず生活を正した方がいい」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:41:12.35 ID:MftVsbuC0
正直三島由紀夫は過大評価されすぎなきもする

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:43:27.12 ID:iFvYXSIO0
>>127
三島は過大、大江は過小だな

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 01:47:49.02 ID:ncOfBPBl0
川端は空気
文章も空気

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 07:24:12.57 ID:f8wXSI5T0
芥川龍之介のカリスマ性は異常

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 07:33:00.94 ID:i2FsMJ6c0
別に文豪に限らずに芥川の自殺を切っ掛けに有名無名を問わず
あの時代作家の自殺がブームになった
ある意味で究極の表現手段

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 07:40:47.16 ID:IcWtkHfk0
理屈では人を殺してはいけない理由を説明できないように
生きていなければいけない理由もまた説明できない
みんな周囲の環境に従っているだけ

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 08:54:46.22 ID:zu2NOHZ/0
>>146
それまで親に育ててもらった金を耳そろえて返してから死ぬならいいんじゃない

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05(土) 08:58:04.54 ID:4+1eFEgF0
あんま陽の光にあたってなかったんじゃないの



画ニメ 女生徒 [DVD]
画ニメ 女生徒 [DVD]
posted with amazlet at 13.03.06
ビデオメーカー (2006-08-01)
売り上げランキング: 137,398
羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)
名作を聴く 芥川龍之介
人間失格
太宰治TシャツPART2/メンズ/レディース /白/黒
BUNGO  文豪短篇傑作選 (角川文庫)
文豪はみんな、うつ (幻冬舎新書)