Zero fighter from Planes of Fame / tataquax

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364435529/
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/03/28(木) 10:52:09.84 ID:???0
零戦展示が好評、8月末まで延長へ/所沢航空発祥記念館

好評なため、展示が8月31日まで延長されることになった零戦。
28日にはエンジン始動のイベントがある=所沢航空発祥記念館体育館
no title


所沢飛行場開設100周年を記念して所沢市並木の所沢航空発祥記念館が開催している特別展
「日本の航空技術100年」は今月いっぱいで閉幕し、展示中の零戦(海軍零式艦上戦闘機五二型)
も解体する予定だったが、好評なため8月31日まで展示を延期することになった。

同記念館によると、零戦のエンジン始動のイベントは当初の予定通り28日から31日までの4日間、
午前11時40分、午後1時10分、同2時40分の1日3回、同記念館の庭で実施する。
また当初予定していた4月1日の解体作業は延期して、午後1時からエンジンを始動して、
プロペラの力で機体を動かすイベントに変更することにし、すでに見学の申し込み者にはその旨を伝えている。

同記念館では、零戦の展示が好評なため所有者の米国東部のプレーンズ・オブ・フェイム航空博物館と
展示延長に関する交渉をしたところ、8月末まで展示することに合意してくれ、展示期間が延長したという。

同記念館は31日の特別展の終了をもって一度、展示を中止して、
4月初旬に零戦の展示の保守・メンテナンスを行い、再展示をスタートさせる。

展示している零戦は1944(昭和19)年6月にサイパン島で米海兵隊によって無傷の状態で接収され、
その後、プレーンズ博物館の創設者が引き取った。この零戦は堀越二郎・三菱航空機技師が設計を担当。
全幅11メートル、全長9・1メートル、最大速度は時速約564キロ、航続距離1920キロもある当時、
世界的にも飛行性能が優秀な飛行機として評価された。

埼玉新聞 2013年3月28日(木)
http://www.saitama-np.co.jp/news03/28/01.html

5: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 10:54:46.46 ID:pT/kNKfz0
飛ばして欲しいけど、また馬鹿マスメディアが騒ぐんだろうな・・・
亡霊が日本の空を飛んだ!とか言いそう。

237: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:14:28.29 ID:w0t0M/eG0
>>5
ていうか、あまりにも貴重過ぎて壊したら二度と取り返しつかないから飛べるけど飛ばさない。

7: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 10:57:09.20 ID:zUqhe6HaO
見に行きたいなー

9: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 10:58:23.25 ID:PfGN9hv90
茶道や華道のように戦闘機道というものが存在する架空の世界のアニメを作れば・・・

10: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 10:58:39.51 ID:LE4UpWeI0
エンジン動かすのか。
見てみたいな。

12: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 10:59:06.92 ID:IFentoeI0
ワンショットライターだっけ?

19: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:02:49.12 ID:/S0a6Zb10
>>12
ワンショットライターは一式陸攻じゃなかったかな?

28: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:11:24.66 ID:dScV5ae20
>>12
零戦はジークかゼロだったような

177: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:28:59.85 ID:2khNgmmFi
>>12

それは一式陸攻な。
航続距離を伸ばすために、空飛ぶガソリンタンクになったから。

15: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:00:27.26 ID:gd9kexNS0
もしや本物の栄エンジン?
ツベでしか音聞いたことないからぜひ聞いてみたい

17: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:00:48.56 ID:wcawnUV+0
一番  銀翼連ねて 南の前線 ゆるがぬ護りの 海鷲たちが 
    肉弾砕く 敵の主力 栄えあるわれら ラバウル航空隊
二番  海軍精神 燃えたつ闘魂 いざ見よ南の 輝く太陽 
    雲に波に 敵を破り 轟くその名 ラバウル航空隊

20: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:03:10.54 ID:JGuwGQoP0
ガラパゴスが故に美しい。

22: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:05:39.44 ID:Wo34clz60
第二次世界大戦中の各国の戦闘機を一同に集めるイベントとか結構
儲かりそうじゃね?ゼロ戦がこんなに盛り上がるなら。

23: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:06:41.28 ID:CPPQaFwq0
>>22
零戦だから盛り上るのよ

40: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:19:24.43 ID:rGDo6V8y0
>>23
P51,Fw,Me,スピットファイアあたりでも盛り上がるよ
逆にグラマンだと引く

60: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:30:02.52 ID:j/nQk0rf0
>>40
勝手に引け
グラマン、コルセア、ドーントレス
通なら身震いするわ

215: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:49:52.19 ID:Wo34clz60
>>40
機銃掃射しまくったしな、ガンカメラ映像も残ってるし
が、盛り上がるためなら良いんじゃね

25: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:08:55.82 ID:Cjc92YDL0
エナーシャはずしてるのかな 
零戦にセルモーターは似合わんだろ

27: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:10:56.67 ID:vRt5qehR0
プロペラの力で機体を動かすイベントには生唾もの

30: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:12:13.42 ID:Jqr6PmNB0
ドッグファイトやらせると九六式に勝てないんだっけ?

53: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:26:26.01 ID:XsFfO6wj0
>>30
フェラーリだって軽自動車ほど小さくは回れないさ。

33: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:14:01.66 ID:gd9kexNS0
世界に誇る

零式艦上戦闘機

最強!!

51: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:26:08.88 ID:klG8nA2j0
>>33
アメリカ軍からGreat Marianas Turkey Shoot(マリアナの七面鳥撃ち)って言われてた空飛ぶ棺おけを褒め称えてんじゃねえよ。
恥ずかしい。

ナチス軍機を撃墜したら☆マークがついたけど、ゼロ戦はいくら撃ち落しても☆マークにならなかったんだよ。

そんな空飛ぶ棺おけで優秀なパイロットを虐殺したクソ官僚どもが戦後自分達の罪を逃れるために流したデマに未だに騙されるなよ。

急降下したら機体がバラバラになるんだぜ?

62: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:30:45.38 ID:JY3NkCmw0
>>51
大戦最初期の機体なんだから対戦後期に弱いのはあたりまえだろ
それに後期型では突っ込み速度も上がってるしシーファイアと空戦して引き分けてる

106: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:50:03.52 ID:n347zWZEP
>>51
空飛ぶ棺桶というが、米軍の戦闘機も20mm弾を食らうと普通に撃墜されてたんだが。
いくら装甲や防弾ゴムを随所に装備しても、翼や機体のほとんどの部分の構造は
ゼロ戦と同じくらいのペラペラ鉄板で覆われてる程度の強度しかないので、弾を
食らうと普通に撃墜される。

戦闘機なんて、どれもゼロ戦と同じような空飛ぶ棺桶だったと・・・。

164: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:23:11.36 ID:2YDmzSxA0
>>51
七面鳥は、艦爆や爆装ゼロのことな。
重い爆弾積んででろくに回避運動できない飛行機を打ち落として
「七面鳥撃ち」っていわれたの。

ちなみに、おなじマリアナでも制空隊のゼロに遭遇したF6Fのパイロットは
「敵は手ごわかった」とコメントしている。(世界の傑作機より)

あとマリアナで日本の攻撃隊が落とされまくったのは、たとえば6月19日の
戦闘では護衛ゼロ戦が60機に対して、レーダーで誘導された迎撃F6Fが
400機以上とか、もうね・・・

たぶん日本とアメリカが逆の戦闘機を装備してたとしても、この機数の差
では結果は大して変わらんと思うぞ。

496: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 22:08:59.73 ID:ErC3cI/P0
>>51
急降下制限速度は零戦三二型~五二型が680km/h五二型甲~740km/h
F4Uボートコルセア780km/hだが?

35: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:14:50.01 ID:gY8EogWU0
F-2やらトラックやらとおなじ
三菱製らしく主翼が簡単にねじれ折れる欠陥機

38: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:17:24.43 ID:GFsABl+a0
栄とかしょせんはワスプをコピーしたパクリエンジンだからなぁ
日本独自の高燃費()とかないから

39: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:17:27.26 ID:N5nGDi+v0
詳しく知らない人には大戦中の戦闘機はぜんぶゼロ戦に見えちゃうから
ゼロ戦と隼と紫電改を並べて展示、とかしたらもっと人が集まると思います

544: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 22:44:02.64 ID:LRs2pTC5O
>>39
紫電改も隼も現存してるのが物凄く少ないって理解してるか?
零戦はさほど珍しくないぞ
今回のがレアなのはオリジナルのエンジンでかつ飛行可能だからだ

568: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 23:07:09.25 ID:rkwMdtCzO
>>544
ゼロ戦も翼や胴体、細かい部品など揃いで残ってのはレアだよ
オーストラリアに1機あるらしいが(飛行はできない)。
日本にあるゼロ戦は2個イチや、残骸から部品をかき集めて復元されていて
部品は揃っていなかった。

部品が揃って、紛失も少なく飛行までする61-120は空飛ぶ博物館になっている

717: 名無しさん@13周年 2013/03/29(金) 08:45:06.65 ID:4ebeJ5cUO
>>568
二個一とか以前に絶対数が違うからな
零戦は有るだけマシな方だと思う
他の日本機は残骸しかないとか見れない機種とか有るし
屠龍は胴体だけ鍾キは残存無しとか
タイヤぐらいなら残ってるかも知れんが

42: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:20:50.92 ID:klG8nA2j0
ねーねー。

なんで「空飛ぶ棺おけ」がこんなに人気なの?

戦後も卑怯に逃げ延びた戦犯クソ官僚どもが飛ばしたデマに乗せられてるの?

43: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:21:43.52 ID:rGDo6V8y0
ザクみたいだからだよ

49: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:25:11.62 ID:wDQ2vXOa0
なんかこの色の零戦ばかりが有名だよな
これって戦争後半に連合軍の空襲が頻発して、安全のためにジャングルの中に飛行機を隠すための色だろ
強さを誇る色ではないし、艦載機の色でもない、海軍機としてもいかがなものか

88: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:39:45.71 ID:HcjowIsy0
>>49
五二型はこの塗装が一般的だから。
二二や二一型はグレーが主流だけど。

54: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:26:35.19 ID:HMJwIzMy0
ほんとにエンジン回したら凄まじい爆音だろうな

近くにいたら耳きーーーん+臭いw

69: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:33:12.98 ID:wDQ2vXOa0
>>54
全開で1分間に2700回転する28,000ccのガソリンエンジンなので、ブロロロローと聞こえるのではないかな

61: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:30:35.89 ID:dScV5ae20
そりゃうるさいでしょ
排気量で言ったら10000リッターぐらいじゃないの
でマフラーなし

66: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:32:36.53 ID:klG8nA2j0
ゼロ戦は日本の悲劇の象徴だと思うぞ。

躯体を穴だらけにしてコックピットのすぐ後ろに燃料タンクを設置という殺人仕様。

パイロットの命をゴミとしか思ってない狂気の戦闘機。

それを日本人が褒め称えるのっておかしいだろ?

クソ官僚どもの戦争犯罪の象徴として展示するなら理解できるよ。

76: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:36:17.46 ID:kEaNDrs00
>>66
躯体を穴だらけにして
って、当時それが出来た技術ってのもある意味すごいんだけどね。

78: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:36:23.88 ID:XsFfO6wj0
>>66
>コックピットのすぐ後ろに燃料タンクを設置という殺人仕様。
それが普通だぞ。
同時期のスピットファイアやハリケーンは前にあったため、燃料タンクに火が付くとコクピットを焼いていたわけだがw

105: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:49:35.99 ID:wcawnUV+0
>>66 ゼロ戦は日本の悲劇の象徴だと思うぞ。
>>躯体を穴だらけにしてコックピットのすぐ後ろに燃料タンクを設置という殺人仕様。

見方によって変わるだろ、極限まで軽量化し操縦でカバーする機体だし。殺人仕様ではない。
零戦は大和と並んで大日本帝国の象徴だよ。
まあ桜のようなもんだ、堂々と咲、散る時は潔く散る。

127: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:00:29.14 ID:mM8QOQIoi
>>66
パイロットの命軽視と敗戦は因果関係あるよな。
精神論強すぎて、当時の軍人の頭が硬直的だった。

161: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:20:01.86 ID:dScV5ae20
>>127
明治以降に開国してからそうだろ
欧米の帝国主義列強と張り合うために軍事偏重の国づくりになった
軍人がおかしいんじゃなくて政治からの問題

75: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:35:49.39 ID:Bq5vu+s/0
そういや誰だっけ。
アメリカの飛行機マニアが貸してくれたゼロ戦を
ずさんな管理でぶっ壊した不届き者は?

ところでゼロ戦って戦艦とか空母を攻撃できる兵器を装備できたの?

114: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:54:15.49 ID:wDQ2vXOa0
>>75
爆弾を積める

零戦は強いよ。使っている当事者はそう思っていたし、戦果も実際に大きかった
だからああいう仕様だったんだ
こんなんじゃダメだ、という評価に変われば、それなりの扱いを受ける

それで結局、速度を向上させつつ、ロール性能を高め、機銃の威力を増やし、制限速度を高め、
高高度性能も高め、航続距離を維持しつつ、爆弾搭載量を増やし、機銃の数を増やし、
自動消火装置を積み、防弾板を張り、防弾ガラスを張り、燃料タンクをゴムで保護した

132: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:05:34.07 ID:GIms9pmuP
>>75
それゼロ戦じゃなくて疾風
きちんとレストアされ動態保存されていたのに、野外の雨ざらしで腐らせ部品も盗まれた
現在は知覧に展示されているが、元の持ち主のアメリカ人は買い戻して直したいと言ってくれているらしい

198: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:37:25.58 ID:6bMFmibl0
>>75
零戦は小さな爆弾しか積めませんが。
その小さな爆弾で沈むような空母や戦艦は実戦で使えないだろうがw

200: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:40:28.81 ID:2YDmzSxA0
>>198
代替艦爆では250kg
特攻では500Kgまで積んだがな。

202: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:41:34.14 ID:nWaT/FkT0
>>198
戦艦は無理

空母は非行甲板が損傷すれば
2週間は艦載機が飛べなくなる

208: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:45:34.40 ID:W31QSZU5P
>>75
艦戦闘機、攻撃機や爆撃機、空母や戦艦というのはじゃんけんのグーチョキパーのような関係で

戦闘機は攻撃機や爆撃機には強いが船には無力
攻撃機や爆撃機は船には強いが戦闘機にはやられる。
空母や戦艦は攻撃機や爆撃機には弱いが戦闘機が来てもやられることはない。


それぞれがそれぞれに対して強い弱いがあって成り立っている。
敵攻撃機から空母や戦艦を守る為には戦闘機が必要だし敵の船を叩くには攻撃機や爆撃機が必要。

ただし優秀なパイロットが必要で憧れの的になるのは戦闘機なのだが。

89: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:40:13.75 ID:NGYlqKBF0
もう52型の時代は性能的に米には劣っていた。
21型の頃はともかく。
3年ぐらいのことなんだけどね。

1000馬力級限定なら劣っていなかったが。

95: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:41:50.86 ID:gTFe8rF00
>>89
現在のITと同じで日進月歩だったのだろうな

94: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:41:37.83 ID:MtfOgXWT0
零戦って今の戦闘機で言ったらF22だよな
最新の素材から最新の武器が搭載されていた

135: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:06:21.28 ID:wDQ2vXOa0
>>94
例えるのは無理だけど、敢えて言うならF-15程度。もっと下かも。
日本人とアメリカ人が驚いたのは、零戦がスペック以上に強かったから。

勝てるはずがないのに勝てたからこそ、日本人は「これは精神力のおかげかも?!」と思ったし
アメリカ人は、「東洋の神秘!」みたいな誤解をした

98: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:43:14.75 ID:vMhQfJO90
零戦叩いてる奴はF2Aのほうがいいのか?

121: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 11:56:05.44 ID:IzTkmrIN0
> 展示中の零戦(海軍零式艦上戦闘機五二型)
> も解体する予定だったが、

返却のために一度解体するって事?

130: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:03:01.19 ID:n347zWZEP
>>121
解体して防護用のケースに入れて傷がついたり破損したりしないように難燃性の
包装で厳重梱包して輸送。
そのまま船舶などに載せて運搬すると、他の荷物に接触して破損したり、船内で
火災が発生した場合に全損になる。

133: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:05:35.92 ID:wqPUpLruO
俺も零戦の設計思想には甚だ疑問
航続距離と旋回性能重視なんてアホとしか思えない
飛行機を操縦するのは人間であることを置き去りにしてる

あと空戦において巴戦よりも一撃離脱戦法が有用であることに気づいて
もっと早くそういう設計思想に転換してればよかった

140: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:09:49.28 ID:al4TCmHFO
>>133
広大な太平洋じゃただの戦闘機になりそうだな

229: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:07:23.86 ID:wDQ2vXOa0
>>133
零戦は航続距離と旋回性能など重視していません
艦隊上空を長時間守るために航続時間が長いだけです
旋回性能は旧式な九六式艦上戦闘機より悪いです

敵が巴戦を挑んできた時期に一撃で離脱するのはチャンスを逃す馬鹿げた行為であって、
こちらも巴戦で徹底的に戦い、全滅させればいいのです
だいたい一撃で逃げてしまう戦法を繰り返したら、戦争が長引いてしまいます
長引かせてしまって良いのでしょうか

242: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:16:42.15 ID:pA53ElM80
>>229
CAP専用機がミッドウェイでドーントレスに抜かれたと聞いて

260: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:43:02.46 ID:Qc+7O3Bs0
>>229
当時の戦闘機は航続距離が短いものが多く、戦闘地域まで行っても、そこでロクな戦闘する
時間も稼げずに燃料切れになり、基地まで帰還できずに墜落したり、燃料切れ寸前でヘロヘロ
飛んでるところを狙われて撃墜されたりした。

また、重い爆弾を搭載すると航続距離が極端に短くなり、作戦自体に参加できない例もあった。

この教訓からゼロ戦は航続距離拡大を要求されて設計された。

一撃離脱方式も、敵機が圧倒的に多い状況では複数の機体を同時に把握することが難しくなり、
不意に死角等から撃たれたりするのを回避するのが目的で、多数の敵機からの射撃を避けて
攻撃して生き残るには、この一撃離脱方式しか方策がなかった。

136: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:07:00.48 ID:ElpFgdBc0
防御装置が一切ないってほんとですか?

243: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:17:39.43 ID:wDQ2vXOa0
>>136
開発当時の世界的常識です。ですからついてません
メイン燃料タンクの自動消火装置は最初から付いていたという話を聞いたことがありますが

日本を含む他の多くの戦闘機は第二次世界大戦が始まってから防弾装備を積みましたが、
零戦は少数の例外です。燃料タンクを覆うゴムは攻撃機に優先的に配分されましたし、
海軍パイロットは零戦の強さに自信があったようですね
不十分な技術で防漏タンクを作っても重いばかりで効果がない、という見方もありました

276: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:07:25.55 ID:feYSIiA5O
>>243
陸軍はハヤブサのこれから最後まで防弾してるんだよな。

海軍は…

139: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:08:20.72 ID:rGDo6V8y0
当時のパイロットは経験上旋回性能が高い方が有利だと思っていた
弾が当たらなければ負けることはないからな

142: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:10:19.56 ID:sTY7hKkm0
>>139
違う、高硬度からの一撃離脱こそ至高

153: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:15:46.88 ID:LIJEGP/iO
>>142
零戦も初期は速度差を生かした一撃離脱戦法だったらしい

162: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:20:58.03 ID:wqPUpLruO
>>153
違うくね?
組織的に編隊を組んで一撃離脱戦法を採用しだしたのは1943年頃だという記憶だが

209: 校倉木造 ◆AZEkURA/hI 2013/03/28(木) 12:45:37.06 ID:K7E1lVAI0
>>162
 一撃離脱って、方位・距離から高度まで判別できるレーダー開発したアメリカでないとできないでしょうね。

 日本軍の攻撃隊をレーダーで探知すると、パイロットが「ぞろぞろと」甲板に向かい発鑑して、通過点の1000mくらい上空で待機。
 急降下しながら機銃を浴びせる。
 そのまま下に抜けて、頑丈な機体にモノを言わせて900km/h近い速度で逃げる。 (ゼロ戦は650km/hくらいで空中分解するから、追いかけられない。)

  レーダーを「女々しい」と馬鹿にして開発の努力もしなかったばかりか、レーダー研究者にも「赤紙」出して前線基地で塹壕掘りさせていたような、日本軍の惨めな末路です。

219: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:51:43.33 ID:LIJEGP/iO
>>209
一撃離脱はレーダー無くても出来るよ
とにかく敵を早く見つければ良いだけ

381: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 18:28:33.44 ID:NGYlqKBF0
>>142
違う。ゼロ戦の致命傷は降下速度がおそい(強度が足りない)こと。
マリアナではレーダーで方向高度を確認されて
米に位置取りされて七面鳥うちになった。
VT信管(艦対空だが)のせいではない。
日本側は理由が解明できなかった。
巴戦なら坂田三郎のように後期でも役に立った。

395: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 19:06:56.00 ID:wDQ2vXOa0
>>381
零戦の制限速度はF4FやF6Fと変わらない
相手に合わせて改良したから

でも2つ問題があって、その速度では零戦の運動性が低下してしまうことと
降下姿勢が維持できないこと。これは安全機能による
つまり安全で乗りやすく事故が少ない戦闘機であるがゆえの欠点

413: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 19:34:25.89 ID:B7PMuY2tO
>>395 降下姿勢が維持できないのは安全だからではない。
降下速度が増すと主翼が生みだす揚力が劇的に増す。水平尾翼はヘッドアップを打ち消すため下向きに揚力を発生していて、急降下中は操縦桿を前に押してエレベーターを抜き、ヘッドアップを打ち消すのだが、速度が上がると打ち消せなくなる。
 
零戦は操作索の強度を落として三舵が風圧で押し戻されるよう設計してある。
このおかげで、低速でも高速でも、操縦桿の傾きに応じたGの旋回ができた。これが零戦の無類の操縦性を生みだしていた。
ところが、急降下だけは話が別で、333ノット辺りから操縦桿をいっぱいまで押していてもエレベーターが風圧で押し戻されてしまいヘッドアップした。
米軍機は操縦索の剛性が高い通常の設計だったので、ダイブ中でもエレベーターが効いたんだ。
その差だよ。

422: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 19:59:33.48 ID:wDQ2vXOa0
>>413
地面に突っ込まないための安全機構として機能するから、日本の戦闘機一般がその仕組を許容している
「ツッコミが効かない」とパイロットに文句を言われているにも関わらずそれを改めないのは、その方が安全だから。

そしてそういう仕様になっている元々の理由は、日本の飛行場は狭いから、あるいは空母に降りるから、
墜落寸前の低速でも自在に運動できる性能を得るため。格闘戦にも使えるけどね

428: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 20:37:18.67 ID:B7PMuY2tO
>>422
十二試艦戦では、フラップが効きすぎてオーバーするため、零戦では小型化してる。
突っ込みが利かないという声は対策をしてない。
この2つの対応を貴兄がどう解釈するかはもちろん貴兄の自由である。

151: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:15:27.21 ID:wqPUpLruO
>>139
結局は複葉機時代の旧態依然とした思想から脱することができなかった

実際当時の各国日本も含むエースパイロットは一撃離脱戦法を採用して戦果を挙げて生き残っていたわけだし
現場の実情と設計思想が乖離してたのは事実

250: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:26:19.65 ID:wDQ2vXOa0
>>151
エースパイロットが戦争を勝利に導いていない点が引っかかる
それに一撃離脱のために作られた鍾馗や疾風は見るべき戦果を上げていない
日本の場合は格闘戦闘機の方が活躍している。つまり相性の問題

252: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:29:49.05 ID:RUFudIMj0
>>250
まぁ、ジェット戦闘機世代になっても、ロック岩崎とかが活躍してたくらいだからなぁ。
日本人ってとことんドッグファイト向きにできてるんだろうな。

257: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:38:42.30 ID:wDQ2vXOa0
>>252
使い方の問題も無いわけではないが、本質的には道具の問題だろう
日本には良い燃料が無い。だから馬力の出るエンジンを作りにくい。馬力が無いからスピードも出ない。
スピードが出ないから一撃離脱しても追いつかれる。この時に旋回性能がいいと逆襲できるが、そうでないと為す術が無い

149: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:13:50.65 ID:Wnw6/4790
せめてF6Fが日本でも量産されてたらなーって無理か。
材料が足らんし設計思想が違いすぎる罠

246: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:22:04.76 ID:wDQ2vXOa0
>>149
でも紫電改はF6Fに似てる
ああいう路線もある程度認められたんじゃないかな
日本がF6Fを否定するとしたら、着陸速度が速くて危険だから、だと思う

154: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:16:13.13 ID:52F0Kn0T0
11型 増加試作型 重慶空爆等シナ事変で使用
21型 前期艦載型 11型の不具合を修正真珠湾攻撃
32型 陸上型 エンジン微強化し21型の折り曲げ翼端廃止した角型翼端 ラバウル等に派遣
22型 中期艦上型 32型の角形翼端を丸くした マリアナで七面鳥狩りに逢う
52型 後期艦上型 エンジン強化レイテ海戦以後の主力
54/64型 金星搭載型 ようやく低馬力の栄やめたけどろくに生産できなかった

158: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:18:35.49 ID:/MDoYTVL0
零戦は二一型が均整が取れて一番美しくて格好が良い
三二型以降は好きじゃない

175: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:28:03.71 ID:zMqcQHO7O
>>158
三二型以降だと二二型もよくないってことになるが、カウリングがリファインされて醜い推力式排気管がない二二型がいちばんいいってのが零戦ファンの総意だと思うが。

160: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:19:44.71 ID:rGDo6V8y0
どっちかというとパイロットは編隊を組んで一撃離脱ができればそれでいい時代になって
それまでのエースだの熟練パイロットだのはお払い箱に近い存在になったらしい
時代おくれの騎士道みたいな
あれだ、平家物語のころのナギナタいっちょとか長弓いっちょで無双してた時代から
金で集めた鉄砲隊や槍隊で古つわものをなぶり殺しにする戦国末期みたいに変わったようなもの

166: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:23:20.94 ID:wcawnUV+0
零戦の飛んでる姿は若干ケツ上がりに見えるんだよ、P51は逆にケツ下がりに
見える。
零戦の飛んでる姿はカッコイイオ。

167: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:23:38.94 ID:WIawQdkH0
雷撃機とか艦爆を知らないアホが零戦を語るスレ
零戦は戦闘機だろう。

174: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:27:53.75 ID:wqPUpLruO
>>167
雷撃機という機種区分はありません
しいて言えば艦上攻撃機(艦攻)ですよ
ちなみに艦攻は雷撃と水平爆撃と両方できますから

186: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:32:51.44 ID:W0sCGT3J0
エンジンだ。エンジンに尽きる。
軽量でパワー余裕のエンジンさえあれば
30mmを4門抱えて敏速格闘をこなせる戦闘機だって作れた。

だけれどそれには、国全体の工業力を底上げするしか方法が無い。
富士の山頂に10mのやぐらを立てるのではなく、
富士の山体を10cm持ち上げる力が必要になる。所詮その力は、あの時代の日本には無かった。

221: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:53:13.60 ID:dScV5ae20
日本のエース級でも一撃離脱が基本と言ってたような
誰か忘れた

308: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 15:52:07.42 ID:snzRBQoy0
>>221
坂井三郎氏が著書の中でそう言っている。
気づかれないように敵機に近づいて据えもの切りにするのが理想だって。
格闘線(ドッグファイト)は最後の手段だって。

324: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:29:36.86 ID:DfwJzltW0
>>308
7.7ミリ機銃が米軍機の翼燃料タンク狙って撃ってもなかなか貫通しないから
操縦席のパイロット狙うよりしかたなかった

224: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 12:58:48.56 ID:PjD8/xe10
機体頼みの空戦性能より、初速度が早く弾の直進率が高いブローニング機銃を使用することで、高速で飛んで敵より先に遠くから発射することで楽勝だったアメ公の史実に学べ。

233: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:13:01.85 ID:GQ5TniV8O
坂井三郎を知ってるか?

274: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:02:51.36 ID:IzTkmrIN0
>>233
コント55号の片割れの弟だろ。

278: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:08:34.12 ID:Lwq1afAE0
>>233
後ろからバッサリばっかやってた暗殺者みたいな爺さん

とはいえエースパイロットの9割がこのタイプ
格闘戦は相手に反撃を許す失敗した戦い方というのが信条

282: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:14:15.82 ID:mad3jZUw0
>>278
硫黄島でのドッグファイトを見るに、それだけではなかっただろ。

235: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:13:44.69 ID:/MDoYTVL0
設計に限界のある零戦が引退できずに五二型や六三型まで改造して使わざるを得なかった悲劇
昭和18年中にはA7M烈風が完成してF6FやF4Uと戦ってほしかった
まあ、そのころには空母もベテラン搭乗員も消耗しまくっていたが

248: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:23:39.81 ID:BLqf2eSe0
ゼロ戦はオワコン 日本機で強そうなのって四式戦とかだけだろ
スタイリングにこれで勝つる感がみなぎっとるわ

251: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:29:02.52 ID:L9JBiTnn0
大和ミュージアムに展示しようぜ。

日本にこういう軍事博物館て少なすぎる。

398: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 19:09:55.21 ID:LfMBNTtt0
>>251
展示しようにも占領下で破壊されまくって物が無いじゃないかな

254: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:34:43.80 ID:mM8QOQIoi
日本の空母のカタパルト..... 火薬式~空気式
アメリカのカタパルト..... 油圧式~蒸気式

255: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:36:02.32 ID:pA53ElM80
もしもコロネット作戦があったら
米海軍はF4Uをエセックス級から飛ばしてCASとインターディクションをしまくってくる。
烈風はエアカバー機と空中戦する前に、まずこのF4Uが落とせない。
で、こいつが線路や物資集積地を破壊しまくるのを止めないと日本の地上軍は集中できない。

逆に日本の地上兵力にとって必要なのも烈風じゃなくてF4Uのような速くて頑丈で強いヤーボ。

258: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:41:31.62 ID:NoY/GFteP
一撃離脱や複数で1機のZEROに襲い掛かるのは後の研究成果
従来のドッグファイト戦では零戦に勝てる可能性は無く
ZEROを見たら戦闘せず逃げろ!とゆー命令をしばらく出していたくらい
当時の米軍機では圧倒的に不利な性能差があった

米軍はドイツの機甲師団でも日本の空母艦隊でも良い運用方法があれば
敵国のソレをすぐ真似る
そして徹底的に研究して物量で押してくる

262: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:44:55.63 ID:NdxxCX8R0
>>258
圧倒的な性能差がある、というよりは、相手の性能の優劣がわからん、だから深入りするな。
戦法としては間違ってないと思う。

291: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:37:02.11 ID:BSRR+RFe0
>>262
米軍は零戦の性能が判ってからもですからね。
自分の短所を理解し長所を活かす方が勝ちやすい。
常識ですけどね。
硫黄島上空で、確か片翼、片足だか眼だか不自由な操縦で
6機程度の敵機を従えて、逃げおおせた零戦がありましたが
そういうものでしょう。

267: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 13:50:45.61 ID:6bMFmibl0
>>258
戦艦による陸上への艦砲射撃とか潜水艦から飛行物の射出とか、
アメリカに色々真似されたな。

289: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:25:37.70 ID:al4TCmHFO
まぁイギリスは開戦当時の艦上機の主力は複葉機だったしな

何でもかんでも揃えられるアメリカが異常なんだよ

295: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 14:50:27.21 ID:Dx+c8uCe0
アウトレンジが基本思想だから、ゼロ戦の圧倒的驚異的航続距離は賞賛ものです。

303: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 15:43:47.72 ID:5trYoPNP0
終戦の日まで連合軍戦闘機に空中戦厳禁が厳命されてたのはゼロ戦だけだとCS放送のドキュメンタリーで言ってたな。
アメリカの撃墜王と言われたサッチが必死に考えた戦法も一回で見破られて通用しなくなって、次の手が浮かばない内に終戦とかw
直径200mの円内で完全な1旋回・高度3千m迄45度の角度で3分間で上昇・1発で空中分解にされる20ミリ機関砲の炸裂段を毎秒20発射。
手に負えない戦闘機で、唯一許されたのはレーダー誘導で上空で待ち伏せ急降下で1連射して垂直にダイブして海面スレスレで左旋回で逃走だと

309: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 15:54:39.85 ID:0LMrMRdzO
>>303
20ミリ機関砲を評価してる阿呆がここにもw

318: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:19:38.72 ID:DfwJzltW0
>>309
弾道が逆さハの字に開いてしまうんだよね

334: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:51:51.61 ID:1WR7Oziw0
>>309>>318
太平洋戦争突入の頃から20ミリ機関砲は大改造されてるよ、坂井三氏のは1号機関砲。
太平洋戦争開戦後は2号機関砲に換装。
      99式1号機関砲    99式2号機関砲
発射初速    600m/S      750m/S
全長       1331ミ      1890ミリ
銃身長       812ミ      1250ミリ
外観で両翼から前方に50cm位大きく突き出して居るのは2号機関砲。
銃口だけ開いてて突き出しが無いのが1号機関砲。
7.7ミリと20ミリの弾道はほぼ同じになり前方250mで全弾が1点に集中。
ジュラルミンを抜けて内部で炸裂するので戦闘機2発、B17爆撃機4発で空中分解。
堀越二郎氏の著書「零戦」の第5節20ミリ機関砲採用の経緯。に詳述されているよ。

335: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:56:36.36 ID:Zq07gF+b0
>>309
まぁオタでないなら知らなくても仕方がないが、
そこまで吠えるなら同じ九九式20mmでも1号と2号では別物ってことくらい知っておこう、な?w

307: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 15:49:48.97 ID:DkvpOMHh0
ゼロ戦のエンジン[栄]は三菱製ではない。中島飛行機製である。
中島飛行機=富士重工(スバル)ではない。[栄]は中島飛行機の荻窪工場で
製造されていた。
優秀なエンジン開発技術者(糸川英夫他)を有していた荻窪工場は、
戦後幾多の変遷を経てプリンス自動車工業に引き継がれた。
名車スカイラインGTRのS型エンジン、G型エンジンは、
ゼロ戦の[栄]のエンジンを開発した技術集団で設計されたものである。
その後、ペンシルロケット、カッパーロケット、ラムダロケット等々、
宇宙開発も手掛けたのである。

312: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:06:35.39 ID:1oh5FV4r0
>>307
中島飛行機の機体製造部門がスバルで発動機製造部門がプリンス自動車(後に日産と合併)じゃなかったっけ?
戦後スバルは飛行機製造を禁止されたのでジェラルミンを使ってバスの車体を作ったのが始まりでその車体は今でも品川に現存する。
後部のカーブがふつくしいバスだったと記憶する。
初の乗用車スバル360も機体作りのノウハウが生かされ、ボンネットは軽量化と剛性が両立したすばらしいモノだったとか。
他にもトヨペットクラウンの設計をした中村氏もマツダでロータリー製造の中心になった山本氏も飛行機から転身。
軍用機好きなら日本車買え。俺は三菱>スバル>スバルときて次はアテンザ sky active ディーゼルを買う予定。

333: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:49:36.24 ID:9u36J4CQ0
零戦は作り難いしベテランしか力を発揮できない当時の日本には全く合って無い兵器
案の定初期は数が足りないし、数が足りてくるとベテランが少なくて鴨られる
エンジンが非力だから仕方ないが

336: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 16:58:14.56 ID:wDQ2vXOa0
>>333
機体の作りにくさは根本的な問題ではなかった。エンジンの生産の方が遅かったから。
操縦が簡単なので新人にも操縦しやすい戦闘機だった

339: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 17:06:04.40 ID:9u36J4CQ0
>>336
高々1000馬力の栄の生産が遅いって致命的じゃん
操縦簡単ではないよ
そしてそれ以上に新兵を戦力化するのが難しい機体
それはマリアナで証明されてるじゃん

341: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 17:11:48.70 ID:wDQ2vXOa0
>>339
零戦をテストしたアメリカ軍の報告書に「操縦が簡単」と書いてある
雷電を操縦している日本のパイロットは、「零戦に比べて操縦が難しい」と言ってる
アメリカ軍は雷電の操縦を難しいとは書いていない

340: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 17:07:06.43 ID:wDQ2vXOa0
零戦は日本で初めて引き込み脚を装備した戦闘機で、しかも主翼に機銃が搭載できた。
実戦配備は昭和15年で日米開戦が昭和16年
戦争の直前になって初めて、日本は近代的な戦闘機を手に入れたんだ
零戦はそれほどまで凄い戦闘機だし、逆に言えばそれ以前の日本戦闘機は時代遅れなんだ
アメリカに勝てっこなかった

369: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 18:08:37.56 ID:BSRR+RFe0
>>340
ソ連機を相手にノモハンで大戦果を上げた97式等の格闘戦能力を
そのままに、かつ長距離を飛躍的に向上させる。
という事で開発されているんで、格闘戦においてはそれまでの戦闘機
でも勝つのよ。実際、F4F程度なら複葉観測サーカス機で勝っちゃんだから w
戦いは余裕の総合力が勝負だから、それだけでは判断出来ないがね。

368: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 18:07:19.86 ID:BmRhWa+V0
翼面荷重や着速から見ても基本的な操縦自体は簡単な部類でしょ
空戦や特技飛行なんかは機種に関よって難易度は違って当たり前
特性が違うんだから比較するはナンセンスだし

日本の20ミリみたいなションベン弾しか撃てない代物に
はたしてジャイロ式は有効だったんかね?

374: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 18:20:20.99 ID:n347zWZEP
>>368
高度と速度、天候による運動性の違いで戦法を変えて、戦闘状態によってキャブレターの
調整を随時行い、それに合わせて照準合わせて機銃の操作を行うんだから、
現代のなんでも自動の戦闘機とは難度が違うんじゃないの?

384: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 18:37:55.79 ID:STPD2Tll0
>>368
スイスのエリコン社の20ミリ機関砲を導入したのは殆ど同時期でソ連・ドイツ・日本の3カ国。
炸裂弾を安全に発射出来る精密機械加工がスイスにしか出来なかったからね。
3カ国共、共通仕様で炸裂弾の筒内爆発事故を恐れて初速も低く設定されていた。
日本だけはライセンスと共に製造装置一式購入とスイス人技術者13人の派遣で契約。
輸入直後から高初速化に挑みS16年に成功、当時世界最強の20ミリ機関砲だよ、4万丁も製造されて多用された。

539: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 22:37:59.75 ID:uVOQ52QQ0
>>384
そいつのせいでインフレ率にあわせてライセンス料上げられ続け1996年まで分割で払わされ続けた

372: 名無しさん@13周年 2013/03/28(木) 18:14:57.28 ID:pSAjYmc/0
>>1
ソース記事にはちゃんと零戦って書いてあるのにスレタイにゼロ戦って書いちゃうところに記者の愛の無さを感じる。



零戦 設計者が語る傑作機の誕生 (学研M文庫)
堀越 二郎 奥宮 正武
学研パブリッシング
売り上げランキング: 82,906
1/100 翼コレクションEX 「ラバウルでの激闘」 零戦21型 坂井三郎機
Zero Fighter
1/72 ウォーバードコレクション No.79 三菱 零式艦上戦闘機 五ニ型 60779
The Last Zero Fighter: Firsthand Accounts from WWII Japanese Naval Pilots
蒼の英雄 Birds of Steel
零戦闘機 iPhone4Sオリジナルケース(クリア)