Leyendo... / PvD2012

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1368428771/
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:06:11.43 ID:4VHXywMK0
無理に知的に書こうとして読みにくい気がする
森見登美彦ぐらいがちょうどいい

3: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:07:01.49 ID:jrFtwy2bP
無理矢理読まなくちゃいけないってもんでもないし、森見が好きならそれでいいじゃん

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:08:46.82 ID:B8VA/b3/0
森見はたまにおもしろい
春樹はクソ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:09:02.19 ID:cVHBsEYbO
やれやれ僕は

8: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:09:13.07 ID:jrFtwy2bP
しゃせいした

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:10:03.97 ID:WLusERQY0!
エッセイは面白い

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:11:07.22 ID:kKBSb1F5P
普通の作家なら付け足そうとする様々な具体性や物理的整合性をいれずに書くのが春樹

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:12:37.21 ID:Mr8Jvc950
とりあえず春樹ブサイクすぎた

16: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:13:52.55 ID:jrFtwy2bP
>>15
イケメン作家なんて原田宗典と阿部和重くらいしか知らん

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:14:28.96 ID:waBjS+xi0
春樹って「これ本人も理解できてんの?」っていう文章多いよね

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」
有名なのだと↑とか
こんな表現、人によって如何様にも解釈できるし、恐らく説明するだけで一冊哲学書が出来上がるレベル

23: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:17:59.39 ID:jrFtwy2bP
>>18
人によって如何にもできる解釈に任せてるんじゃない?
こないだのインタビューでも、テキストはテキストとしてのみ存在し解釈は自由だし、作家本人の解釈もそのうちの一つでしかない、みたいなこと言ってたし

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:22:05.29 ID:waBjS+xi0
>>23
だから俺にはハルキスト()が馬鹿にしか見えんのよなw
中身のない言葉を深読みしてるだけっていう

30: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:24:26.97 ID:jrFtwy2bP
>>29
統一された中身を作家本人が積極的に示さないってだけで、中身はあるんじゃない
例えば三島の金閣寺にしても、犯罪小説としても読めるし、青春小説としても読めるし、ある種の私小説としても読める
小説っていうのはそういうものだと思うよ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:27:47.35 ID:waBjS+xi0
>>30
時には明確な意味を示さないってのいいけどさ、春樹ってそれが多すぎるんだよね
究極の雰囲気小説

36: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:31:34.96 ID:jrFtwy2bP
>>35
雰囲気小説っていう批判は理解できるけど、それがそういうものとして機能しているなら、まあそういうものと言う以上のことはできないよな
俺はその雰囲気小説が好きだ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:15:41.09 ID:PZIjirl80
村上春樹の小説受けつけん人って
音楽に関心がない
楽器を演奏したことがない
これに当て嵌まっとるだろ?

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:17:25.18 ID:cVHBsEYbO
>>19
楽器もやってた、音楽は毎日聞いてるが村上春樹はあわんわ
精液の臭いがする

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:17:59.59 ID:waBjS+xi0
>>19
なんだその決め付けはw

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:21:36.80 ID:TD1RPNh60
羊男のクリスマスは面白かった
それしか読んだことないけど

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:21:45.40 ID:BvXz0D+bO
作家はそういうものじゃね?
合う人と合わない人でクッキリ分かれる

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:24:27.23 ID:Ja/0XZpQ0
ねじまき鳥は長い休みにちょっとだらだら読んだら楽しかった
もう10年以上経つしストーリー全く覚えてないけど、別の世界をもう一つ体験できた感じがした
あの長さがよかったなー

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:24:27.53 ID:E5PUOvTE0
小説以外は面白い

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:26:00.39 ID:zrOWy+bk0
顔は面白い

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:26:26.85 ID:83JN0LlA0
長編小説の主人公が全員同じに思えてくる

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:31:37.39 ID:kKBSb1F5P
俺はいちいち意味を明確に示してる小説って説教臭くて好きじゃないな

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:35:31.09 ID:waBjS+xi0
意味を明確に示していても説教臭くなるとは限らないけどね
芥川の小説は簡潔でわかりやすいけど、べつに説教臭くはないし

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:37:54.63 ID:kKBSb1F5P
偸盗とか超説教臭いじゃん 鼻とか
トロッコはまあいいけど

42: holeギター ◆esuBYcD5q2 2013/05/13(月) 16:40:32.67 ID:jrFtwy2bP
説教臭いかどうかっていうのは、提示されている価値観と自分のものとの距離が関わると思うの

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 16:57:43.07 ID:ByLBMSPZP
エッセイは面白い。昔の中編はわりと面白い
長編と最近の短編は読んだこと無い

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:16:08.88 ID:PZIjirl80
世界の終わりと~、ねじまき鳥クロニクル
批評したいなら最低この二冊読まんとダメよ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:25:05.34 ID:/wJXniIn0
羊をめぐる冒険は面白い
ダンスダンスダンスは途中でだれるけどユキかわいい

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:26:36.72 ID:FxEahSofP
ライトノベルとの違いが本当にわからない
いや面白いけど、ライトノベルとの違いが本当にわからない

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:28:31.35 ID:reDfwcf60
>>48
表紙、レーベル、内容、挿絵の有無、世間の評価

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:32:20.80 ID:VZwZgIvb0
面白いものは面白いって感じだよ
だが決して馬鹿に出来るような作家ではない
雰囲気小説とかラノベとかいってる奴はもうちょっと数読めと思う
多ジャンル多年代で

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:36:44.03 ID:GyJ/KwNV0
カフカを初めて読んで、アフターダークで読むのやめたが、松崎しげるは割と読めそうと立ち読みで思った

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:41:32.36 ID:reDfwcf60
>>52
俺もその口だ
積み本多すぎて読むのは一年くらい先だが

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 17:50:50.13 ID:1Z6TDTkX0
ダンス・ダンス・ダンス、ねじまき鳥、カフカが良かったな

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:01:25.71 ID:SdiuN4ph0
20ページぐらいまで読んで気持ち悪くなった。
あれを理解することに意味があるとは思わない。
文学者としてそれなりの流れでかいてるんだろうけど???
またレビューも読んだが好意的なものは気持ち悪く
たったひとつだけドリーさんのが面白かった。

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:03:26.15 ID:HdECFIuC0
何かでモームの小説を大した内容では無いけど読ませる
逆よりずっといいとか書いていたけど
本人もこんなジレンマを感じながら執筆してるんかな
いくら深淵で複雑な内容の作品が書けたとしても
読んでもらえなかったら意味が無いみたいな

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:05:26.69 ID:SdiuN4ph0
そう、↑こういうサポーターの節操のなさが気持ち悪い。

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:23:46.12 ID:Qw44x1DmO
大絶賛、売れまくり!な本になんとなく抵抗ある奴もいるだろう
その上斜め読み、他人の批評を元に叩いてる奴は最悪だけど
他人がベタ褒めしてるのを見ると何だかヘイト値が溜まる奴はお前らの中にもいるんじゃないか?

俺みたいに

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:25:33.37 ID:vjvKPn6N0
ファッションで読んでる人が多いイメージ

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:29:52.32 ID:1Z6TDTkX0
15年前くらいから読んでるのに最近そう言われるのが嫌で人前で言えなくなったわ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:46:21.81 ID:mfCBwO3+0
ずっと思ってたがファッションで村上春樹は読めないだろ 読んだ所で>>1のようになるか、アンチに変わる

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:46:31.06 ID:IIBBbIcO0
あの長さはなんとかならないだろうか
長編800枚くらいでおさめて欲しい、1Q84だってせいぜい1500枚程度の内容だろ

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:55:42.93 ID:6BvMGjsuO
行き過ぎた部分も含めて味わうのがよろしいかと
無理なら飛ばして読むのもあり

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:59:38.75 ID:APU8qy8g0
「ねじまき鳥の探し方」という
解説本?を読んだら
メチャクチャ計算して書いてるんだって知って
凄く驚いた

発売日なんかも全部符号に合わせてるんだね

もっと感性に任せてさらら~っと
書いてるのかと思ってた

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 18:59:49.54 ID:REsqz4ikP
割とアンチと信者しかいない印象

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 19:02:01.98 ID:IIBBbIcO0
世界の終わりみたいなくそめんどくさい小説を書いた人ですし
感性よりも技巧の人

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/13(月) 19:03:39.78 ID:vjvKPn6N0
エロ=高尚とでも思ってるのかしらんけど謎のセックス描写をやめてください



色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
村上 春樹
文藝春秋 (2013-04-12)
売り上げランキング: 14
恋文の技術 (ポプラ文庫)
羊男のクリスマス
おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2
宵山万華鏡 (集英社文庫)
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)