thCAMEKZFJ

http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1284029714/
2: 無名草子さん 2010/09/10(金) 23:08:26
「そのことよ」

6: 無名草子さん 2010/09/12(日) 09:29:26
池波先生には中長編書く才能が決定的に欠けているとあれほど・・・・・

7: 無名草子さん 2010/09/12(日) 14:06:10
おいおい真田太平記で真田二代をみごとに画き切ったじゃないか
角兵衛みたいにイマイチ何をしたいのかよくわからない人もいたが

8: 無名草子さん 2010/09/12(日) 19:21:36
真田太平記って作者の勘違いで史実間違いがあるよね

12: 無名草子さん 2010/09/13(月) 22:58:33
そんな事いちいち気にしてたら池波作品は楽しめぬよ
話の大筋に影響ないような事は気づかなかった事にしてスルーしようぜ

俺はそういうところに気づいたら得した気分になるけどねw

17: 無名草子さん 2010/09/15(水) 19:45:19
この人の小説はなんでホモが出てくるのか・・

18: 無名草子さん 2010/09/15(水) 21:07:06
ちゃんとレズもロリコンも出てくるじゃないか

21: 無名草子さん 2010/09/16(木) 21:02:40
剣客、梅安、鬼平
の他で何かお薦めはありませんかね

22: 無名草子さん 2010/09/16(木) 21:31:42
>>21
その三つに真田太平記を加えると代表作だね

25: 無名草子さん 2010/09/18(土) 03:30:18
最近、この人の映画エッセイを読んでるんだが、面白いな。
映画に対する愛情深さが伝わってきて、読んででこっちまで楽しくなってくる。
やっぱり自分の作品づくりには、若い頃に観た映画だけじゃなく、
大御所になってからも、新たに鑑賞した映画の影響を、リアルタイムで
ずっと受け続けながら書いていたのかな。

26: 無名草子さん 2010/09/18(土) 16:59:23
脚本家だけに常に劇化、映像化を念頭において小説も書いていたかもね

27: 無名草子さん 2010/09/18(土) 18:13:12
爪の間に針をさして鑞を流す
読む度怖い

28: 無名草子さん 2010/09/18(土) 22:09:30
小房の粂八さんも足の甲に五寸釘を打たれてロウソク垂らされてたよね・・

31: 無名草子さん 2010/09/19(日) 23:32:13
江戸時代に科学的な捜査手法があったわけじゃないから
拷問をして口を割らせるしかなかったんだろうな

46: 無名草子さん 2010/09/24(金) 00:05:51
入門者から一歩進むにはどうすりゃいいのよ?

47: 無名草子さん 2010/09/24(金) 03:47:22
夏には梅安、冬には剣客って生活を
15年くらい続ければいいんじゃね?

48: 無名草子さん 2010/09/24(金) 12:59:10
三十年も続けると
自分が池波ファンかどうかわからなくなる

56: 無名草子さん 2010/10/01(金) 11:50:36
あっしはさいとうたかを先生の劇画版鬼平から池波先生の作品にたどりついた者なんですが皆さんはさいとう先生の劇画をどう思いやすかね?

65: 無名草子さん 2010/10/02(土) 15:21:46
>>56
さいとう先生は処女と非処女の描き分けができない。
それどころか、美少女と美人の描き分けができていない時点でちょっと…。
特にあの美冬はイケテナイと思う。

59: 無名草子さん 2010/10/01(金) 18:02:48
ホモと書くから違和感があるが
衆道とか念者とか陰間とか書けば
ほら、時代小説にぴったりの題材にw

60: 無名草子さん 2010/10/01(金) 18:53:34
先生はホモの心理描写
うまかったもんなぁ

74: 無名草子さん 2010/10/04(月) 09:55:03
おはるが小兵衛になにか云われて「あい、あいー」とか
云ってるのがものすごく違和感あり。また、吃驚した
ことを云われた男が「げぇっ!」っとか云うのが、
ワンパターンで滑稽でいやだね。
それから、大名の下屋敷では悪中間が必ずバクチ場を
開いてるとかの説明もワンパターンw

あと、やたらと酒がでてくるねw 主人公がなにか談合
するときなんかも先ず酒だからね。これなんか最近の
呑まない若い人なんかは違和感あるだろうね。
まあ、オレなんか今でも外に出たとき「のどが渇いた」
なんて云った時は、ビールを飲みたいという意味だから
全然違和感ないけどw

77: 無名草子さん 2010/10/04(月) 13:13:21
>>74
それを言うなら、死んじゃう時に必ず「むうん」って言ってませんか?

小兵衛のあのお金の使い方は好きだな。
一度、心付けを貰って吃驚してみたかった。

75: 無名草子さん 2010/10/04(月) 10:39:49
そのワンパターンは意識的にやってる所だと思うがな
そういうときの人物の詳しい描写はさけてテンポよくストーリーを進行していくのが良い所だと思うんだが
まあ嫌なひとにはアレが嫌なんだろうけど

76: 無名草子さん 2010/10/04(月) 11:54:48
山本周五郎→藤沢周平
格調が高く主人公もストイックで立派なのが多いよね。
読んでて「おい、おい、そんなに頑張らなくていいよ」なんて
言いながらも涙がでてきちゃうような主人公とか。

池波正太郎
俗っぽくて主人公もあんまり格調高くないよね。「おい、おい
あんまり酒ばかり食らってるなよな」というような主人公。

だけど、時代小説家としてこの三人はたまらなく好きだな、オレは。
こんな小説が読める日本人に生まれてホントよかったよ( ^ω^ )

78: 無名草子さん 2010/10/05(火) 00:02:35
「げぇっ」大好き

79: 無名草子さん 2010/10/05(火) 09:42:18
ああ……むぅ…
が好き。主に腹を下した時などに使用。

84: 無名草子さん 2010/10/05(火) 16:39:51
夜の戦士読んで思ったこと
川中島の合戦とか歴史小説風に書いたところはつまらんし失敗してると思う。
終盤、忍者の決闘シーンは面白かった。やっぱり時代小説作家だな、とおもった
「これである」

102: 無名草子さん 2010/10/12(火) 22:39:56
池波先生も女はしょうがない生き物って視点で小説書いてるような気がする

147: 無名草子さん 2010/10/20(水) 21:52:10
>>102
そんなことは無い
しょうもない女も書いているが、烈女のこともちゃんと書いている

103: 無名草子さん 2010/10/13(水) 00:15:05
ヒント:ホモ

109: 無名草子さん 2010/10/13(水) 20:43:02
奥さんいるでしょ?

111: 無名草子さん 2010/10/13(水) 20:57:32
女を書かせたらこれほど下手糞な作家も珍しい
くらべてホモ描写のなんと丁寧なこと!

118: 無名草子さん 2010/10/14(木) 10:36:24
このおっさんいつも長州をボロクソに言うから嫌い
田舎者だの僻地だの成り上がりだの

119: 無名草子さん 2010/10/14(木) 11:38:47
俺はその点は好きだな。会津に同情的な立場なんで
維新も昔ほど日本史上での画期的な革命って言う評価から
時代の変わり目の権力闘争っていう評価になってきてるし

123: 無名草子さん 2010/10/14(木) 12:47:28
池波正太郎は、薩摩は大好きなんだよな。
長州だけを毛嫌いしてる。
そういう奴らって口汚くののしればいいと思ってるんだよね。
あら捜ししたり。
池波正太郎じゃないけど、江戸っ子は長州が嫌いで、芥川龍之介なんかもそうだみたいに
得意に語ってる奴がいたけど、芥川龍之介とか父親が長州の人間って知らないで
いってんだろう。


133: 無名草子さん 2010/10/15(金) 23:24:24
忍者群像という短編集は面白かった
布団に蝮を入れて発狂させてしまうのが好き

146: 無名草子さん 2010/10/20(水) 00:42:22
今日、渋谷のブックオフで若い女性が「忍びの女」を買って言ったのが印象的だった
あんな若い子でも読むんだ

152: 無名草子さん 2010/10/23(土) 09:11:00
剣客はちょっと…派なんだけど
真田太平記いけると思いますか?

154: 無名草子さん 2010/10/23(土) 15:10:48
まずは短編を読んでみてくれ
剣客群像、忍者群像、仇討ち群像がおすすめ

155: 無名草子さん 2010/10/23(土) 20:31:06
剣客は優れた短編集だと思うがな

156: 無名草子さん 2010/10/23(土) 20:36:29
優れた…というか大衆小説ど真ん中。
よくも悪くも漫画みたいなもんだと思う

164: 無名草子さん 2010/10/25(月) 14:41:28
読み切り短編は藤沢周平の足元にも及ばない

168: 無名草子さん 2010/10/27(水) 12:32:31
新装鬼兵11巻「男色一本うどん」
(うどんは漢字)
なんつータイトル…すげーよ先生

173: 無名草子さん 2010/10/27(水) 20:22:58
さだまさしの愛読本、鬼平と剣客

179: 無名草子さん 2010/10/31(日) 02:11:03
人間はいつかは死ぬ。そのことを常に念頭において日々生活すれば自ずと
自分のやるべき事がわかるっていうフレーズがよく出てくるけどその通りだと思うなあ
俺も荒木又右衛門と同じく髭を剃って鏡を見るときはそのことを思い出したい

189: 無名草子さん 2010/11/07(日) 17:17:32
池波正太郎の文庫本って、ページあたりの文字数が少ないから
かなりスラスラ読めるよな?

190: 無名草子さん 2010/11/07(日) 21:06:32
ラノベ呼ばわりは許さないよ

192: 無名草子さん 2010/11/07(日) 22:53:45
無駄な表現をごっそりと省いた文体と言いたまえ

202: 無名草子さん 2010/11/15(月) 23:11:38
忍びの風1巻読了。
主人公のお蝶と半四郎が無所属で活動するのでアメリカンロードムービー的な面白さ。
主従関係の枠とらわれず、物語が書きやすそうだ。
2巻以降もたのしみなり。

205: 無名草子さん 2010/11/16(火) 21:08:04
池波作品における映画からの影響のことはよく指摘されるが
アメリカンロードムービー的とは意外な視点だ

210: 無名草子さん 2010/12/07(火) 21:09:25
これ聞くと怒られそうだけど、あえて聞いてみる

(ホモ的な意味で)ズリネタになる池波作品てどれでしょう?
仕掛人・藤枝梅安シリーズがツボにはまったんで、他におすすめがあれば是非読んでみたい

213: 無名草子さん 2010/12/09(木) 10:51:46
>>210
男同士の濡れ場は、ありそうでほとんどないよ。
男色一本饂飩が一番長いくらいだろ。

212: 無名草子さん 2010/12/08(水) 14:43:52
短編集の「あほうがらす」も男色多いよな…
いや、ホモじゃないけどさ

231: 無名草子さん 2010/12/18(土) 21:33:50
鬼平全巻揃えたんだが1巻で挫折
つまらん

海音寺の西郷隆盛でも買うか

233: 無名草子さん 2010/12/19(日) 15:44:39
海音寺潮五郎か。池波正太郎を蛇蝎の如く嫌ったそうだな。
時代は違うが藤沢周平は好きになったろうな、そんな気がする。

オレは池波正太郎も好きだが(^_^)

237: 無名草子さん 2010/12/26(日) 06:07:09
まったく興味ないジャンルだったけど
たまたま人に借りた「戦国と幕末」っていうエッセイで文体のテンポが妙に気に入って
「剣客」と「真田」全巻一気読みしました。

両方とも主人公クラスのアリエナイ超人っぷり、バカバカしいほどの痛快さ、
それと食い物のくだりで非常に楽しく読めました。

何か次のオヌヌメありませんでしょうか?
「鬼平」は、さいとうたかおの漫画がどうも受け付けなくて二の足踏んでます。


249: 無名草子さん 2010/12/29(水) 08:12:39
>>237
幕末だったら

「幕末新選組」(全一巻)
「幕末遊撃隊」(全一巻)
「その男」(全三巻)

巻数も少ないしいかがでしょうか。
「鬼平」は人気作だから食わず嫌いせずに読んでみるといいよ。
「梅安」は個人的には好きだけど暗いから好き好きあるかも。
鬼平も梅安も一話完結で読みやすいと思う。

258: 無名草子さん 2011/01/06(木) 02:47:07
池波さんが書く父子関係は良い
もし息子がいればこんな父子関係になりたいと思って書いていたのかな

271: 無名草子さん 2011/01/15(土) 18:47:21
忍者シリーズを読んでて思うのはキャリア後期に行くほど作品が洗練されていく事。
1965刊の忍者丹波大介が読みづらかったのは長編のキャリアが短かったからかな
1975刊の忍びの女を読んでるが、つかみからエロ話で上手いなと思う。

301: 無名草子さん 2011/02/02(水) 05:43:43
池波がラノベ世代で書いてたら
女剣法使いで料理バトルとか書いてると思う

302: 無名草子さん 2011/02/02(水) 15:02:56
それ、なんて風太郎?

309: 無名草子さん 2011/02/25(金) 22:57:23.64
今更鬼平にはまった
というより池波正太郎に
鬼平5巻まで読んだが、24巻まであるのか
幸せすぎる

310: 無名草子さん 2011/02/26(土) 13:27:36.22
>>309
24巻まであっという間だけどな

313: 無名草子さん 2011/02/26(土) 22:54:35.11
>>310
池波作品は一冊あたりの文字数が少ないけど、無駄を省いて伝えたい事だけを記述して、テンポの良さを追求した結果だな
割と本気でそう思う

321: 無名草子さん 2011/03/10(木) 10:48:42.07
剣客商売は、4、5、6巻あたりが特に面白いな。
一番脂の乗っていた時期か。

323: 無名草子さん 2011/03/13(日) 22:02:22.30
剣客商売の「白い鬼」の出だしは最高

328: 無名草子さん 2011/04/14(木) 22:34:17.28
その男の伊庭八郎の江戸弁がかっこいいな。
リアルでは使わないけどwモノにしたいもんだ。

342: 無名草子さん 2011/04/29(金) 23:21:11.49
文豪って、作品だけ見てもやりたい放題ですごいよな。
そしてちょっとの粗なんて気にしない、結構な粗でも気にしない所が尊敬できる。

354: 無名草子さん 2011/06/20(月) 21:22:32.23
池波は浅い
引き出しが少ないから

356: 無名草子さん 2011/06/21(火) 10:03:28.05
浅いつーかパターンが決まってる感じだろ。
そのかし広いからいいじゃあないか。

374: 無名草子さん 2011/07/07(木) 22:26:27.36
池波作品寝る前に読むとデンジャーだな
腹が減ってしょうがない

430: 無名草子さん 2011/10/27(木) 19:43:35.31
おせん、面白かった。
絶頂期の短編は古典になりそうなくらい綺麗に話が流れてくな。
夜明けの星のもとになった短編が入ってた。
短編のほうが余計な話が無くてよかったな。
最後の入ってる狐の嫁入りもちょっと違う話をどこかで読んだな。

439: 無名草子さん 2011/11/06(日) 19:43:56.39
こたつだよなぁ
池波は「こたつ文学」だよなぁ

449: 無名草子さん 2011/11/21(月) 21:01:02.01
「グレーテルのかまど」を見てこの人の食べ物に関するエッセイに興味がわいた
特に面白いものってなんだろう?

450: 無名草子さん 2011/11/22(火) 10:48:21.24
>>449
・食卓の情景
・むかしの味
・散歩のとき何か食べたくなって

言っとくけどグルメ本とは違うからな

456: 無名草子さん 2011/11/23(水) 21:29:58.68
池波さんがツイッターやってる姿を見たかった

457: 無名草子さん 2011/11/23(水) 22:54:58.41
>>456
花ぶさなう

461: 無名草子さん 2011/11/26(土) 19:35:51.22
世話物の長編、短編でお勧めある?
幕末を除いて。

462: 無名草子さん 2011/11/27(日) 20:50:17.81
>>461
世話物ではないと思うが「男の秘図」は変な話で面白かった

463: 無名草子さん 2011/11/28(月) 22:39:31.46
>>462
ありがとう
赤穂浪士の話だっけ?
元になった短編と中編読んだ気がする。
口に出してしまったらすべては終わってしまいまする、みたいなセリフが印象に残ってる。

464: 無名草子さん 2011/11/30(水) 06:55:10.92
>>462
おとこの秘図はなあ、お百合を手籠めにするところが妙に興奮する。

>>463
赤穂浪士とは主役の徳山五兵衛が少年の頃、堀部安兵衛と係わりあっただけ、
話の中心は徳川吉宗との関係。

487: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/01/12(木) 09:21:06.95
鬼平もシリーズ後半になると、偶然の出会いがやたら多かったり
昔の知り合いがやたら出てきたりと、作者のアイデア枯渇が顕著で
読んでらんない ( ´・ω・)

488: 無名草子さん 2012/01/12(木) 14:48:48.45
ま、よいわさ

489: 無名草子さん 2012/01/13(金) 14:33:17.81
むぅーん

491: 無名草子さん 2012/01/24(火) 18:23:02.22
髪が薄くなってきた俺はやっぱり男振が好きだなあ。
堂々とした姿に勇気づけられるわ。

501: 無名草子さん 2012/02/12(日) 23:43:57.35
>>491
おまえがオススメするのでどんな禿の話かと思って買ってきて
読んでみたが良い話だった

492: 無名草子さん 2012/01/25(水) 12:53:28.88
池波ってセクロスというか官能小説好きだったりするのか?
まだ5シリーズくらいしか読んでないんだが
セクロスがない小説ってこの人書いてないんじゃないかってくらいセクロス率高いんだが

493: 無名草子さん 2012/01/25(水) 16:09:11.11
>>492
つ昔の娯楽小説の読者層
池波なんかまだましなほうだろう

498: 無名草子さん 2012/02/10(金) 15:45:47.91
剣の天地読んだけど超絶がっかり本だった
資料なくて書けないんだったら無理やり書こうとするなや
武将としての上泉が好きならいいかもしれんけど
剣客として好きな人には地雷だこれ

538: 無名草子さん 2012/05/02(水) 12:16:37.17
まだ池波正太郎さんの小説を読んだ事ないんだけど、時代小説の中でも夫婦間や男女間の機微、貧困にあえぐ市井の人々の辛くも暖かい教訓めいた物語を読みたいなら、池波正太郎はどちらかというと剣術の立ち回りがメインになるのかな?

539: 無名草子さん 2012/05/02(水) 12:58:53.82
周平読んどけ

541: 無名草子さん 2012/05/03(木) 04:03:23.58
貧困に喘いではいないな。
藤沢周平の描く田舎の貧乏侍や浪人に比べると、池波の描いた江戸の浪人はぶっちゃけネオニート。

金貸しに親切にしただけで千両ゲットとか、
子供のいない剣客の世話を焼いたら道場ゲットとか運がよすぎ。

543: 無名草子さん 2012/05/03(木) 16:18:53.81
教訓めいた野暮な小説はないな~

558: 無名草子さん 2012/05/23(水) 02:56:56.28
池波作品は初めてで、必殺シリーズが好きなので、藤枝梅安¨おんなごろし¨を読みました。
噂には聞いてたけど、池波先生は飯の描写が秀逸ですな。浅利と大根の鍋とか腹が減ってしまいました。
他に何かオススメな作品はありますか?
定番ですが、燃えよ剣や梅安の購入を考えているのでそれ以外でお願いします。

559: 無名草子さん 2012/05/23(水) 10:26:31.89
司馬遼とは世界観が相容れないと思うんだが…

623: 無名草子さん 2012/06/24(日) 12:13:04.27
吉川英治と長谷川伸の影響が濃厚ですね。
日本の大衆文芸の正当な嫡子と言えるでしょう。

624: 無名草子さん 2012/06/29(金) 10:58:18.81
新潮社は順次、電子書籍に移行していく方針らしい。

オレは正直、違和感があり過ぎるんだが…
大衆小説は、B層やデジタル弱者がお得意様じゃないのかよ。

628: 無名草子さん 2012/07/01(日) 15:43:51.22
自分には三大シリーズの電子書籍化は有りがたかった。
スマフォにインストールして、通話機能とWi-fiを切れば飛行機の中で「鬼平」が読める。
飛行機の中で眠れないたちなので今までは機内に文庫を持ち込まざるを得なかったことを思えば隔世の感がある。

670: 無名草子さん 2012/07/17(火) 20:55:03.73
司馬遼太郎に比べて、池波、藤沢は
ためになりそうな感じがしなくて手が出なかったんだけど
年をとったせいか江戸人情ものになんか惹かれる
手始めに鬼平読んでみます

672: 無名草子さん 2012/07/17(火) 22:09:27.72
人情ものではないよな
刃傷沙汰は多いけど

673: 無名草子さん 2012/07/17(火) 23:05:29.24
池波は活劇だよ

674: 無名草子さん 2012/07/18(水) 00:34:42.14
司馬の何が為になるのか分からん
史実誤認に史実創作ばっかだろ?

676: 無名草子さん 2012/07/18(水) 08:13:10.06
池波は読書入門に良いよ
無学者、劣等者に優しい作家だからね

677: 無名草子さん 2012/07/18(水) 11:20:41.65
誰でも読めるなんてすばらしいことじゃないか。



梅安料理ごよみ (講談社文庫)
池波 正太郎
講談社
売り上げランキング: 36,642
男の作法 (新潮文庫)
古地図江戸さんぽ 2巻 ~池波正太郎「剣客商売」を歩く~ [DVD]
鬼平犯科帳(一): 1
蝉しぐれ (文春文庫)
悪人列伝 古代篇 (文春文庫)
時代劇コレクション【鬼平コレクション】長谷川平蔵十手【はせがわへいぞうじゅって】